中学受験の国語は根気が必要

高校入試しか知らない私は、息子が中学受験をしたいと聞いて、同じように考えていました。特に国語は中学生の方が文章が難しいのだから、中学受験の国語ぐらい、とバカにしていた気がします。

でも、息子の読んでいる実際の入試の過去問題集を見て驚きました。高校入試の文章よりもはるかに長い文章だったからです。それに、中学生でも難しいような言葉が結構出てきます。もう1つ驚いたのは、記号問題よりも記述問題の方が多いことです。記述問題になると、自分で説明できなければいけません。過去問題集を見て初めて、国語も1人で勉強するのは大変だと思いました。しかも文法も中学生レベルの問題が出ていて、解けて当たり前という感じでした。



そこで、国語は個別指導で先生に見てもらいました。中学受験の国語は本文が長いのが特徴なので、まず最後まであきらめずに読むことが大切です。そして、問題が何を聞いているのか、問題文をまず分析すること、そして、記述問題では答え方をどのような形にするかが重要だと聞きました。もちろん、良く出る言葉というのがあるので、そのたびに辞書を片手に、時間をかけてこつこつと調べていました。

その根気が実ったのでしょうか。受験前にはかなりの数の言葉を知り、文章も最後まで読んで解ける集中力も身につきました。